チバリーヒルズ 中古物件/チバリーヒルズ 物件/ワンハンドレッドヒルズ 中古

「スポンサードリンク」

金曜日

千葉県千葉市緑区あすみが丘 中古住宅一戸建て ワンハンドレッドヒルズ中古

千葉県千葉市緑区あすみが丘で中古マンションか中古住宅一戸建ての購入か賃貸を検討しようと思い、4月に長生村からドライブがてら行ってから早7ヶ月が経過した。
4月の見学は、超豪邸街のワンハンドレッドヒルズに圧倒され、あすみが丘で目に入るものが珍しく、肝心の中古マンションや中古住宅一戸建ての中古物件見学が全くできなかった。
今回はそういうことにならないように、Webで充分下調べをして来た。
長生村の自宅を出発し、ドライブがてら約40分程で千葉のあすみが丘の手前にある昭和の森を通りがかったので、昭和の森で戦の前の腹ごしらえをと持参した弁当を広げ休憩をとった。
休憩も無事終わり、いよいよあすみが丘の中古マンションか中古住宅一戸建ての見学へ出発しようとしたが、どうしても前回目を奪われたあのチバリーヒルの超豪邸ワンハンドレッドヒルズが忘れられず、ワンハンドレッドヒルズ街を避けてあすみが丘の中古マンションや中古住宅一戸建ての中古物件や賃貸物件を見学するのも心苦しいので、まず気になるチバリーヒルのワンハンドレッドヒルズ街だけ、ちらっと見てから中古マンションや中古住宅一戸建ての中古物件や賃貸物件を本格的に探すことにした。
中古住宅一戸建て物件の所在は、事前に某大手の○○リバブルさんから訊いてあるので、外観をカーナビで順調に見学することができたが、マンションは外観だけでは室内のイメージがつかめず、案内をお願いしようかどうしようかと思案している内に、11月のあすみが丘は夜になっていた。

土曜日

千葉県千葉市緑区あすみが丘 中古マンション 中古住宅一戸建て

千葉県千葉市緑区あすみが丘で中古マンションか中古住宅一戸建ての購入か賃貸を検討しようと思い、長生村からドライブがてら行ってみた。
長生村の自宅を出る時は、周囲の田んぼからカエルの鳴き声が見送ってくれたが、あすみが丘へ到着したらウシガエルのボー! ボー!っと言うホルンの様な鳴き声が出迎えてくれた。
この街は、犬の散歩をしているご婦人の姿格好が、長生村の様子とは似ても似つかない洒落た姿である。
たかが犬の散歩だが、こうも気合を入れてやっているのかと思うと、なんだかあすみが丘の住人に好意を持てそうだ。
まだ、新聞折込チラシの中古マンションも中古住宅一戸建て等の中古物件を全く見学していないのに、あすみが丘の町並が珍しくて、クルマでうろうろしているうちに、なんだコリャアっと腰を抜かしそうな光景に目を奪われた。
いつの間にか、超高級住宅が建ち並ぶ豪邸街に迷い込んでいたのだ。
それが、あの有名なチバリーヒル(ワンハンドレッドヒルズ)街だとすぐに気付いたが、それにしても夢でもみている様なすごい光景だった。
そんなこんなで、お腹がすいたのでファミレスへ入ったが、まだ新聞折込チラシの中古マンションも中古住宅一戸建て等の中古物件を全く見学していないのに気付くこと無く、ランチとドリンクバーで夕方まで過ごしてしまった。
家の仕事もあるので、まだ新聞折込チラシの中古マンションも中古住宅一戸建て等の中古物件も全く見学していないが、今日はこれくらいにして、また近い内に来る事にした。

金曜日

あすみが丘 ワンハンドレッドヒルズ 中古住宅 格安物件

不動産バブル絶頂期に計画されたあすみが丘 ワンハンドレッドヒルズ超高級分譲住宅。
分譲当初は、3億円超~10億円超と、東京都内の田園調布でもあまり見かけない超高価格だった。
それでも、田園調布を分譲した東急不動産のあすみが丘 ワンハンドレッドヒルズなる超高級分譲住宅は、マスメディアにチバリーヒルズなどと囃され、当時かなりの話題となった。
あすみが丘 ワンハンドレッドヒルズのモデルハウスは、東急不動産から招待状をもらった人とその家族しか見学出来ず、モデルハウスへはJR土気駅前の販売センターから高級車で案内された。
モデルハウスへ到着すると、ヘルメットと白い手袋を身に付けて見学した。
モデルハウス内は、まるでおとぎの国の白雪姫の寝室の様な、可愛い大きなベットや、大きな宝石箱などが飾られていた。
そんなワンハンレッドヒルズも、今では格安中古物件として一億5千万円前後で購入出来る様になった。

月曜日

あすみが丘には公庫付きで分譲した一戸建てもある

あすみが丘には公庫付きで分譲された木造2階建ての一戸建てが多くを占めている。
あすみが丘は、高級住宅ばかりでは無い。
だから、格安の中古物件も多い。